いつまで経ってもダメな私

日々のつれづれ
スポンサーリンク

今日の結果

本当は書きたくないが、それじゃあ今までと何も変わらないから、無理にでも書くことにした。

ズバリ、今日も負けた。それも全部だ。とは言っても昔のように10万20万じゃあない。そもそも、それだけ負ける体力もない。なお、ここで言う体力は、資金力のことを言うが、実際、字面通りの体力も、もう無くなってきている昭和44年生まれである。

言わぬが華と言って避けたいが、負け額も言ってしまおう。これが最後の資金と思っていた1万円、全部負けてしまいました。

それも、競艇のたった2レースで。1レース目は、どう考えても1号艇から、245号艇で決まるというレース。それが134で決まるんだから、本当に競艇は難しい。

スポンサーリンク

最後のレース

ここで、我慢して次のチャンスとなるレースを吟味しなければいけないのに、すぐに直近のレースで取り返そうとするから、そりゃ勝てないわ。客観的にみたら自明の理であるし、実はそれも知ってるのにできないのだから質(たち)が悪い。

その2レース目も全く同じ。1から236しかないというレース。スタートもいい感じ。1コーナーを回る直前までは、もう当たった気になっていた。

しかし、 好事魔多しとでも言うのか、2号艇と3号艇が競ったと言うほどでもなさそうなのに、もつれ合って落水。結果は146。んなアホな。

水に散った両艇と同じくして、私も沈没。もう、やることもないので、それからは無料の漫画アプリで暇を潰すしかない。しかし、村上もとかの「JIN-仁」面白いね。

「六四三の剣」は読んでいたが、「JIN-仁」も「龍-RON」も読んでいなかった。今度は「龍-RON」も読んでみよう。それにしても、無料チャージの溜まる遅さよ!

スポンサーリンク

金策

さて、なけなしの1万円は無くなったが、それでもどこからか何とか金を引っ張ってくるのは、我ながらある意味ひとつの才能といっていい。乱世ならしぶとく生き残って、ちょっとした役職と小銭にありつけたかもしれない。

しかし、運悪く生まれたのが治世というか、無責任もワイルドサイドも許さない時代。残ったのは返せる範囲の借金という按配である。いっそ100億の男ほどの借金の方が「考えてもしょうがない」と思える分、気が楽だったろう。

それはさておき、何とか工面した2,000円、これを元に自分なりにルールとミッションを決めてみた。今のところはショボい勝負だが、まずは前哨戦としてこのミッションに挑んでみよう。

スポンサーリンク

ルールとミッション

まずはルールだ。というかルールというよりは勝つための「明日のために」である。

その1 競艇はやらない

競艇は楽しい。気持ちいい。ズキュゥゥゥーンとくる。しかし、私には合わない。というか私には勝てない。それでも、朝からやっているため、どうしても買ってしまう。なので、明日は朝イチでテレボートは解約だ。

その2 競輪はこの条件で

7車立で、DMM競輪の「鉄板」レースだけにする。但し、ガールズは除外する。9車は紛れが多く、ガールズは難しいから。

その3 地方競馬は場所と騎手

帯広のばんえいは言うまでもなく除外(ばんえいはワカラン)、金沢・佐賀あたりはなんかやってそうだし、盛岡と門別は当たらない。

買うなら兵庫(園田・姫路)、南関東、名古屋・笠松、そして高知あたりを買う。

そして、断トツ人気に若手や実績のない騎手が乗っている場合は「来ない」と思って買ったほうがいい。

スポンサーリンク

ミッション

「ある日必要となる、幾らか」のために、9月21日から27日までの7日間、1日50%増やすのを目標としよう。

これで、2,000円を3万越えるまでの金額にしてみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました