クレジットカードの使える公営ギャンブル~その1「競馬」

競馬
スポンサーリンク

はじめに

狙ったレースがあるのに、手許に現金がない。そんな時、クレジットカードで馬券(車券,舟券)が買えたら・・・と思ったことはないだろうか。結論から言うと買うことは可能である。ただし、買う事ができるのは、中央競馬と競輪の2つ。残念ながら、競艇と地方競馬はクレジットカードで買う事はできない。

また、中央競馬と競輪では、換金にかかる時間や使用限度額に違いがあるので、狙いのレースがある場合はそれぞれ狙ったレースの競技を選べば良いが、早く換金したい場合は競輪、競馬が得意な場合は競馬を選ぶといいだろう。

スポンサーリンク

中央競馬の場合

JRAダイレクトというサービスがあり、主要なカード(JCB、三井住友、楽天など。詳しくはJRAのホームページ)が使用できる。使用するカードは、本人認証サービスと、それぞれのWEBサービスへの登録が必要である。また、JRAダイレクトの登録は、競馬開催日の馬券発売時間帯(概ね金曜日の18:30以降、日曜日の開催終了まで。)に限られる。

登録は10~20分あれば可能で、その日(その時)から馬券を買うことができる。使用には限度額があり、月5万円(使用料含む)までとなっている。登録できるのは1人1枚のため、複数のクレジットカードを持っていても、月5万円が限度となる。

※ 私の経験では、JRAダイレクトに三井住友VISAカードで登録し、2万円使った後にJRAダイレクトを解約し、同じ月に別のJCBカードでJRAダイレクトに登録した場合、後のカードで使える額は5万ではなく3万だったので、月5万の限度額はカード単位ではなく、利用者単位で管理されているようだ。

1レース1,000円以上(使用料を含まない)でないと購入はできない。また、購入ごとに使用料100円(税込)が必要となり、購入は1日3回までとなっている。基本的にはリボ払いはできない(あとからリボなどもできない。)。なお、JCBカードはカードの使用限度額の他に、金券類やICカードだけの別の限度枠があるが、このJRAダイレクト分の支払はそれに含まれるため、注意が必要である。

払戻は、カードの引き落とし口座に、月曜日に入金される(月曜日に競馬が開催される場合は、火曜日となる。)。

スポンサーリンク

まとめ

中央競馬の馬券はクレジットカードで買う事ができる。登録は簡単で、その日(その時)から馬券を買う事ができる。使用には制限があり、1レース1,000円以上、1日3回まで、月5万円が限度となっている。

また、購入する度に100円の使用料がかかる。払戻は月曜日に口座に入金される(月曜日が競馬開催日の場合は火曜日となる。)。

中央競馬の馬券が買えるJRAダイレクトは、金額や回数に制限があり、使用料もかかる。また、払戻も当日にはできない。しかし、逆に言えば、馬券の購入に歯止めがかかり、慎重に買う事ができるため、成績は上がるかもしれない。

スポンサーリンク

オススメのクレジットカード

JRAダイレクトを利用するなら、楽天カードがオススメ。年会費は永年無料なので、作って損は無い。楽天ポイントがもらえる(e-naviへの登録や、カードの利用が必要)キャンペーンを随時やっており、とにかくお得。

クレジットカードの使える公営ギャンブル~その2「競輪その1」
クレジットカードで車券を買う方法 前回は、クレジットカードで馬券(中央競馬)を買う方法を説明した。 同じ公営ギャンブルでも、地方競馬と競艇はクレジットカードで買う事はできないから、残るは競輪とオートレースである。 ...
資金づくりはポイ活で!
ポイントサイトのポイントインカム
競馬
スポンサーリンク
シェアする
ペルーサをフォローする
振り向くな、後ろには夢がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました