博打は本当に勝てないのか

必勝法
スポンサーリンク

博打は勝てない

博打は本当に勝てるのか。ただ、博打と言っても色々あって、例えば賭け麻雀(もちろん、賭けるのはミカンとかジュースである。)なら、勝てると言いきれる。

何故なら、胴元のいない参加者同士の賭けだから、テラ銭(賭金からの控除額)もないし、負けた奴がいるなら、確実に勝っている奴がいるから。

そう、ここで言う「勝てるのか?どうかと言う博打」は、胴元のいる博打であり、日本で認められている博打でいうと、宝くじや競馬・競輪などのことである。もちろん、パチンコやパチスロも然り。

そして、私はと言うと下手な横好きもいいところで、競馬も競艇も競輪も、パチンコもパチスロも、そして宝くじやtotoなど、あらゆる博打に負けている。但し、ある1年だけパチスロの収支がプラスだった。

しかしそのプラスの金額も確か50万程で、いや、50万ならたいしたもんだと、お褒め頂く方もおられるでしょうが、毎年その数倍負けていたのだから、雀の涙ほどにしかなっていない。

スポンサーリンク

歴史に学ぶ

そのプラス収支だったパチスロは、どんな打ち方だったり、何か気をつけていた事があるのかというと、それが勝ちにつながるヒントになりそうだが、実はそれが何もない。

適当にいつもどおり、色んな台を打っていたのだが、何故か運良く勝ち続けただけなのだ。それがずっと続いていれば良かったのだが、ホンの1年こっきりだった。

となると、単に運の良し悪しの波の上の方に乗った1年だったという訳で、その波が全体的に下がったため、その後は波の上の方でさえ、負けにしかならなかったという事だろう。

あとは、その頃の4号機のパチスロは、やっぱり甘かったんだろう。

スポンサーリンク

買い方と勝ち負け

私を含めた負けている人の買い方はどうなのか。負けるしかないような、そんなに変な買い方をしているのだろうか。ちなみに私は本命党なので、新聞の予想に予想に近い買い方をしている。

確かに、新聞通りに買っても勝てないのは体感で知っているから、そりゃ負けても仕方ないとも言える。じゃあ、その逆を買えば勝てるのかというと、そんなに簡単な話でもあるまい。

別の観点から考えてみると、例えば単勝1番人気だけを買ったら、勝てるのかと言うと、もちろんそんな事はないし、どちらかと言うと人気が人気を呼ぶため、回収率は他の単勝人気を買い続けるより悪い。

じゃあ、例えば単勝1番人気から最低人気まで全ての単勝を買えばどうなるか。これは当たり前だが、出頭数より配当が多ければ勝つし、その逆なら負ける。10頭立てなら単勝10倍より高いオッズの馬が勝てばプラスになるということだ。

スポンサーリンク

予想と勝ち負け

何を当たり前のこと言ってるんだと言われそうだが、実はここに真実があるような気がする。先程の単勝全部買いの場合、頭数以上のオッズで決まりそうな、荒れそうなレースだけを買えばいいのだが、結局、それが最も勝ちに近づく方法なのではないか。

普通ば馬券を買う場合は、1頭1頭の過去実績や能力を出馬表から読み取り、買う買わないを決める。これはこれで正しく、単に予想するだけならベストの方法だろう。

実際、それらの予想の総意であるオッズどおりの結果になっている。何故なら、1番人気の馬が最も勝率が良く、2番目に勝率がいいのは2番人気であり、以下同様である。

しかし、馬券の勝ち負けは予想の的中数ではなく、馬券の回収率によるからだ。

スポンサーリンク

3連単なら

3連単には色々な買い方がある。1頭強いのがいれば1着固定の流しだろうし、そのマルチという買い方もある。混戦ならボックスでもいいし、フォーメーションを組んでもいい。

しかし、皆がその買い方をするからこそ、それも同じような予想手順であるからこそ、そこに買い目が固まり、オッズは下がる。単勝と同じく、的中数だけを競うのなら、その買い方でも良いが、回収率を上げるのであれば、その買い方はやはり不味い。

よって、単勝の場合と同じく、買う点数よりオッズが高くなりそうなレースを選ぶのが良い。そして、点数が果てしない3連単の場合は、一定のゾーンを買うのが良い。

例えば、中荒れしそうなら、500倍から1,500倍のオッズを全て買う。という手法。邪道な買い方ではあるが、実は勝ちに最も近づく方法に違いない。

スポンサーリンク

まとめ

少しまとまり無くつらつらと書いてきたが、まとめてみると、やはり博打に勝つためには予想の精度を上げるよりも、買い方を工夫して、人とは違う視点、方法によるのが近道であり、それなら勝てるはずだ。

先の3連単の買い方で言えば、例えば仮に新潟の直線1000mのレースで、1番人気〜3番人気のうち2頭が4枠から内に入っている場合の、3連単300倍以上の200点とか、実際のところは知らないが、一定の条件下での一定の買い方で、回収率が100%を超えるというのは、いくつもあるはずだ。

少し馬券の本質とはズレているかも知れないが、勝たない事には競馬も長くは続けられない。

よって、このような手法に予想を加味する、先の新潟1000mだとしたら、1番〜3番人気の内枠としたところを、人気では無く、自分の本命・対抗・単穴にするとかにより、競馬を楽しみかつ勝てるようになるのではないか。

それに成功すれば、博打は勝てる。加えて楽しむこともできる。

必勝法
スポンサーリンク
シェアする
ペルーサをフォローする
振り向くな、後ろには夢がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました