投資競馬(競艇・競輪)のススメ

まだ予想で消耗してるの?
スポンサーリンク

公営ギャンブルは「勝てない」のか

競馬を始めとする公営ギャンブル。なかなか勝てないですよね。しかし負けている人だって「どうやっても勝てない」とは思っていないはず。特に「勝てる方法、いや少なくとも今より成績が良くなる事は分かっているが、しないできないだけ。」と思っている人は多いと思う。

まずはレースを絞れない事。次に、大レースに大金を賭けてしまう事。そして勝ち額を大きくするために、3連単や3連複を買ってしまう事。分かっちゃいるけどやめられない。というより分かっていても、ヤメない。

逆に言えば、ヤメなくても良いと思っているところもあるだろう。「折角ここまで来たし」「今まで応援してきたし」「折角のメインレースだし」という理由で。それも良い。映画や旅行と一緒で、楽しむためにお金を使っているのだから。

しかし、私のようにそうも行かなくなってきている人もいるはずだし、いくら余裕資金だと言っても勝ったほうがいいに決まっている。買いたいものもあるだろう。買いたいのが「馬券」だって?それもいいだろう。

スポンサーリンク

投資馬券(舟券・車券)

そこで、オススメするのが「投資馬券」である。もちろん競艇なら「投資舟券」だし、競輪なら「投資車券」だ。オートレースは私はやらないので良く分からないが、オートレースでももちろん良い。

しかし「投資馬券」を突き詰めると「仕事」になってしまうから、いつも通りの好きな買い方もすれば良い。むしろ、その資金を「投資馬券」で稼げば良い。では具体的にはどうやるか。これには2つの方法がある。

その一つは、例の「馬券脱税」事件の買い方である。沢山の資金(脱税事件の人物は元手は100万だった。)で沢山のレースを買い、回収率を上げるやり方だ。しかし、これには資金と自動購入する機器やソフトが必要となる。

1,000円さえ工面するのが難しい私には、土台無理がある。よって私(と多くの私に似た境遇の方々)は、もう一つの方法の一択となる。それは「複利で増やす疑似転がし馬券」という方法である。

スポンサーリンク

疑似転がし馬券

転がし馬券というのはご存知だろう。例えば1,000円スタートで、朝イチのレースの複勝に全部賭ける。これが当たって1,200円になったら、次のレースに全部賭ける。たったの1.2倍だったとしても、1,000円から初めて最終レースまで転がれば、9,000円くらいにまで膨れ上がる。

たったの9,000円かよと言う声のあろうが、これがもし毎日(土日)資金が1.2倍になって、それを1年(52週)繰り返したらどうなるか。なんと1,300万円である。これは驚きの数字だろう。

さて、そこで問題となるのは「転がし馬券」は「外れたら終わり」という悲しい現実である。頑張って100万まで増やしても、次のレースで外したら全て無くなってしまう。

そこで効いてくるのが、「1レースから12レースまでの転がし」では無く「1週目から52週目までの流し」であるということ。例えば、1,000円の元手を1,200円にするのに1,000円全部を賭けず、その日資金を1.2倍にすればいいから、例えば、最初のレースの単勝1.7倍に300円賭け勝てば510円になるから、+210円で1,000円が1,210円になってノルマクリアといった具合だ。

そして外れたら、2レース目は単勝1.7倍に700円賭けて当たれば1,190円となり(少し足りないが)1.2倍のノルマクリアとする。他にも1レース目1.7倍に300円、それが外れたら2レースは単勝2.7倍に300円(当たれば+510円だから、通算+210円で1.2倍のノルマクリア)などの方法もある。

要するに「1回でも外れたら終了」という状況を打破する方法を取り、とにかく1日で資金を1.2倍にできれば良いということなのだ。難しいと感じるか簡単と感じるかは人それぞれだろうが「レースを絞り」「金額を計算し」「メインレースは捨てる」などの方法を取れば、案外成功するという気はしないだろうか。

スポンサーリンク

具体的な方法

昨日の札幌記念のフィエールマン(1番人気)の複勝が120円。この1発でもいいだろう。しかし、やはり3着ギリギリだったから言う訳ではないが、予想(と自分の主観)は無い方が良い。特に、前述のように1レース目に300円買い、外れたら次のレースでチャレンジという場合は、予想や主観を入れると外れた次のレースというのはまず「キッチリした」冷静な予想はできず、的中率は低くなる。

よって、決まった条件に合致したレースをある程度は機械的に買うのが良い。例えば、競馬なら「ダート」「逃げ又は先行」「信頼できる騎手」などの条件がそろった場合のみ、その複勝を買うとか、競艇なら「準決勝戦」「1枠2枠ともA1」「3連複12軸総流し」とか、競輪なら「DMM競輪の鉄板レース」「7車」「筋の2車複」などである。

そして、思いがけず資金が1.4倍となった場合は、その0.2倍の余剰分を積立て、外れた場合の資金に足すなど、自分だけの運用を決めていくと良い。実は私もチャレンジしているが、成功していない(成功してないんかい!)

しかし、成功していないのは、予想や買い方が悪いのではなく、買い方を「守れない」からなのだ。特に、1レースを外してしまった場合、どうしてもすぐに結果を出したくて、次のレースに手を出してしまうからだ。例えば「ダート」と決めていた場合なのに、直近の芝のレースを買ってしまう。などである。

よって、成功の秘訣は「揺るぎない精神」と「掟を守る」こと。これに尽きる。私も再度チャレンジだ。一番の敵は自分である。

投資競馬のススメ(投資と投機)
投資と投機とは 前回、投資競馬(競輪・競艇)について記事にしたが、博打系の競馬などに対して「投資」という言葉を使っているのは、自分で使っていて言うのもなんだが、どうなのだろうか。 投資と投機とは、似ているようで意味は全く違う。ま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました