新たなる出発

3つの願い
スポンサーリンク

新たなる旅路へ

新たなる出発だとか旅路などとかっこつけているが、要するにまた失敗したからリスタートするというだけのことで、リセマラと同じくらい恥ずべき行為である。

更には、リセマラならゼロからの再スタートだが、私の場合はマイナスが増えてからのリスタートだから、余計に質(たち)が悪い。

昨日の1日をかいつまんで言うと、200万を返すための元手の5万が、夕方には10万になったというのに、寝る前には全部無くなったので、今は手ぶらで無人島にいるが如く、途方に暮れている。

ただ、まだ金策はできるのでひとまずは元手を作るところから初めて、これからの策と昨日の反省をしよう。

スポンサーリンク

反省だけなら猿でもできる

昨日の朝から夕方にかけては、我ながら神憑っていた。いつもは転覆や当たったと思った時に限ってフライングなどと、いいように遊ばれているのが、引き寄せられたように8割当たる。

その都度5千円ほど増えていくから、5万が6万、6万が7万と、体重のように簡単に増えていく。体重なら増やすのは簡単でも減らすのは大変なのが、お金の方は減らすのは簡単である。

そして、その「減らす過程」も、いつものパターンである。

一回に5,000円賭けて5,000円増やしていたのが、あまり調子がいいもんだから、次のレースに1万円賭けると、そんなレースに限って外してしまう。

ただ、よくよく考えてみると、いい調子そのままに買っているようで、賭け金が倍になったことで、買い方が変わってしまっているのだろう。そりゃ外れるわ。

スポンサーリンク

デスマーチ

そこからはお決まりのデスマーチ。賭け金を倍にして負けたことをもう忘れたのか、一気に取り返すために更に賭け金を倍にして、半分以下の信頼度しかないようなレースに賭けてしまう。

そう、気が焦りすぐ取り返そうとして、目の前のレースを無理矢理「自信のレース」だと自分に言い聞かせて、闇雲に買っているのだ。自ら地獄への道を選んでいるのだ。

そして、頑張ってコツコツ貯めた勝ち金は、1万、2万、4万と次々に負けて、残った3万も一気に取り返すために、既にオッズしか見ないような賭け方になり、当然のように負ける。

ちなみに、最後に残った3万は若松の最終レースは、「これぞ悪い流れにおけるハズレの典型」といった趣の舟券だったので、恥ずかしながら紹介する。

相性が悪く、いつもは買わないレディース。メンバーはこんな感じ。1から234と、よくて5までといったところか。

オッズはこう。やはり1から324あたりの順で売れている。13からのオッズを見ると、132より134,135が売れているのは、3が2着にくる流れなら2よりは4と5の方が展開が向く(3がスタートよく捲りに行く分、差し場が生まれる)という、競艇ならではの売れ方だろう。

それに乗ったのが運の尽きというか、これは博打の鉄則で、最後の相場師と言われた是川銀蔵の「野も山も 皆一面に黄色なら 阿呆になって白を買うべし」よろしく、「人の逆」を行かなくては勝てないところ、負け馬に乗ってしまったのだ。

そして結果の方は絵に書いたような312で決まり、314,315から買っていた私は全てを失った。

そこから再スタートを誓ったが、その後さらに酷いことになり、もう崖っぷちである。

そのあたりは次回に。

資金づくりはポイ活で!
ポイントサイトのポイントインカム
3つの願い
スポンサーリンク
シェアする
ペルーサをフォローする
振り向くな、後ろには夢がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました