淡々と小博打その13~またしても休止

小博打
スポンサーリンク

順調だったが

1,000円を1,102円(1,000円を5%ずつ増やしていく。1,000円→1,050円→1,102円)にするというスキーム(枠組み)の1日目を、成功で終えたのが昨日である。

そして、結果的に1,000円を1,275円にできたので、ノルマである1,102円を超えた分の173円については、余裕資金として好きなように馬券などを買ってもいいとした。(ちなみに、その173円はすぐに無くなった。)

なお、5%増やしていくスキームについては、「1点買い」をするという縛りをつけた。これは自信のあるレースしか買わない、そして資金がすぐに無くなるのを防ぐという理由からである。

スポンサーリンク

鬼門の競艇

そして、大事な2日目であるが、私の負けパターンのひとつとして、朝のモーニングで負けて熱くなり、勝負レース前に資金が無くなるというものがあるところ、そのモーニングを買おうというんだから、勇者なのか愚者なのか。

そのモーニング、公営競技では競艇と競輪に存在しているが、競艇が毎日モーニングをそれも2~3場用意しているのに対し、競輪は無い日もある。これが競輪を得意とする私には大問題である。

なお、競輪が得意といっても勝ってる訳ではなく、競艇の回収率が60%に対して、競輪は70%あるといった類いの「得意」なので、安心してください、負けてますよ。

そして、今日も競輪のモーニングは無く、芦屋と徳山競艇がマチカネお待ちかねである。また間の悪いことに、競艇はネットで買おうと思えば入金が1,000円からなので、昨日は朝の時点では買えなかったのが、今日は買えてしまうのがいけなかった。

スポンサーリンク

当たるも八卦

それでも当たれば問題ないのだが、さてどうなるか。まずは芦屋の1R。当然モーニングなので1号艇から買って当ててくださいという、A1B1B1B1B1B1という並びのサービスレース。

1-2と1-3を買えば当たるのだが、1点買いという縛りがあるので3秒ほど迷って1-2。競艇なんて1-2を買っとけば目をつぶっても当たるからね。結果は1-4。なんと1-3でも当たってない。恐るべし。

続いての2Rは、134の3艇が抜けている。3連複1.5倍あたり。せめて2倍は欲しいところ、この1点ではどうしようもないので、3連単134 143の2点にする。もう縛りを守れていないが、134の1点の亜流ということで堪忍して。

そして、結果は142というからびっくり。と、ここら辺でもう頭に火がついた状態。3Rは芦屋ファンならご存じのサンライズX(クロス)戦といって、135にA級選手をおくレース。何も考えずに135 153 315あたりを買っておけば自動的に当たるという有難いレースである。

スポンサーリンク

裏の裏は表

しかし、もう騙されない。135を買っておけといって、どうせ来ないんでしょ?私も伊達に30年も負けちゃあいない。こんな簡単な罠にはひっかからないよ。

ということで、残りの700円を全力で配分して3連復の1=35=24という4点を買う。さて、結果はどうか!どうせ135で決まったんだろうと思っている読者も多いんでしょ?結果はそのとおりの135。残念!切腹!

かの勝海舟が死ぬ前、最後に吐いた言葉は「これで、おしまい。」という彼らしいカッコイイ言葉で、私もひそかに真似しようと思っていたが、いま前倒しで言っておきます。「これで、おしまい。」

スポンサーリンク

大復活?!

いや、そういえばあと100円あったというのを思い出し、競輪で適当な目を買ったら、やはり外れた。いやあ、映画や小説なら、この100円から復活して億り人になってもおかしくないのにね。

さて、もうやることがない。また金策かぁ。しかしその金策もアテが尽きた。ポイ活でコツコツ貯めるしかないか。あ~つまんねえなぁ。

まずは、無料会員登録!
小博打
スポンサーリンク
シェアする
ペルーサをフォローする
振り向くな、後ろには夢がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました