淡々と小博打その7~華麗なる再出発

小博打
スポンサーリンク

残るは500P

その後、色々と金策して馬券やら車券やらを買い、勝ったり負けたりして、最後には全部無くなった。笑うしかないが、借金を返さなくてはいけないから、笑ってる場合じゃない。

残りはなんとKdreamsに残っているデルカポイントが、500ポイントくらいと、海外fxでは私のイチオシ、titan fxに3,500円くらいの残金があるだけとなった。

ちなみにtitan fxの残金は出金手続きをしたのが昨日(6月12日)だから、おそらく3日後の15日に口座に入金となるだろう。なお、この出金は、VISAデビットカードでの入金に対する返金という形のもので、ほかの振込などの出金よりは速いと思っているのだが、どうなのだろう。

スポンサーリンク

まずは1,000円にする

この500Pを、まずは1,000円にすべく頑張ってみよう。なぜ1,000円にするのかというと、博打において資金を2倍にするというのが私のポリシーであるということがまず一つ目の理由。

堅い複勝で10,000円を11,000円にして、とりあえず1,000円でも勝とうと言う場合は別として、基本的に博打というのは資金が倍以上にならないのなら、リスクと比して賭けるべきでないと思うし、10,000円を11,000円にするのなら、株とかfxのような投資(それも博打と言えば博打だが。)をすべきだろう。

それはさておき、まずはkdreamsの競輪で500Pを1,000円にしてみよう。そう、あと一つの1,000円にする理由は、成績が悪い割に大好きな競艇のWeb投票(テレボート)が、1,000円以上でないと入金できないからだ。

スポンサーリンク

けいりん7車立

先に言っておくと、私は公営ギャンブルは全てやっているものの、競輪は実は詳しくない。長さとハマった度合いからすると、中央競馬、競艇、地方競馬、競輪、オートレースといった順になろうか。

特に競輪は、ぶっちゃけ展開が全く読めないというか、それを念頭において予想したことがない。というかするスキルがない。また、7車立と9車立がある理由というか、経緯も良くわからない。

ただ、本来は9車立らしいということは知っている。しかし、はっきり言って9車立は、紛れが多く、基本が本命党の私には難しい。それは成績をみても明らかである。

スポンサーリンク

モーニング

モーニングと言えば、私は競艇のイメージがあり、毎日8時40分くらいからソワソワしだすのだが、競輪にモーニングレースがあり、8時50分に発走だったり、早い時は8時30分に発走なんて日もある。

今日はどうかと言うと、広島で8時30分に発走でしかも5車立という香ばしいレースがある。こりゃ500Pを倍にするのは簡単そうだ。ただ、いつもそう思って結果はなぜか芳しくないんだけどね。

並びは154 3 2で、15が点数上位。まあ、15からどう絞って買うかだけのレース。しかし、これが悩ましい。ライン決着の154で問題無さそうだが、4が5車中の最低点数で、直近23走で 0 0 1 22という成績。

なので、15から32へ買うとして、1=5-23で500Pを1,000円にするにはオッズが低すぎる。どうしようと悩んでいるうちにタイムアップ。締め切り時刻を過ぎていた。さて、締め切りグッジョブになるか、取り逃がした魚は大きいとなるか。

結果は532という考えられないもので、まさに締め切りグッジョブだった。

スポンサーリンク

最初だけでした

今思えば、この喜びが最後だった。この後、次のレースできっちり500Pを1,000円にして、さらに競輪で2,000円にまで持っていけた。

そこから調子にのり、好きだが勝てない私の悪の両輪、中央競馬と競艇で全部無くしてしまった。アホとしかいいようがない。

そこから、ポイ活で得た500P(auかんたん決済で500円使った月額サービス案件。)、ここは得意の競輪で増やそうとガールズにチャレンジ。

まあ、月まで走っても16というレース、これを組み合わせて500Pを1,000円にしようとしたら、まさかの6番車の落車。

そして、とうとう金策も尽きたので、次はお金のできる火曜日までお休みだ。そして火曜日からは本気でシビアに博打をしようと思う。最早、仕事という感じでしばらくやってみよう。

そして、目処がたてば、自由に買えることを目標に、まずは秋、10月までは「仕事博打」に徹してみよう。

資金づくりはポイ活で!
ポイントサイトのポイントインカム
小博打
スポンサーリンク
シェアする
ペルーサをフォローする
振り向くな、後ろには夢がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました