競艇という競技について

リアルタイムズ
スポンサーリンク

競艇の特殊性

競馬はコースにより内外の有利不利があり、特に新潟の芝1000の外枠などは顕著であるが、京都のダート1800の内枠などは言うほどでもなく、他のコースについてもそこまでの有利不利にはならない。クラシックで大外ばかりだったトウカイテイオーは、それでも皐月賞もダービーも勝っている。

しかし、競艇ではこうはいかない。昨日(2011.8.29)の第68回ボートレースメモリアルは、6コースの片岡雅裕が涙のSG初優勝を遂げたが、3号艇と4号艇のフライングがあった恵まれであり、SGで6コースからきっちり優勝というのは、茅原悠紀が差しきった2014年のグランプリまで遡らなくてはならない。

とにかく、競艇は1コースが強い。どの競艇場でもほぼ5割の勝率を誇り、インの強い芦屋や尼崎では60%を超える。こんな競技がほかにあるか。そして、この5割というのは全ての選手の合計であり、最下級のB2選手でも1コースなら3~4割は勝てるし、最上級のA1クラスの選手なら8~9割は勝てる。

普通なら競技として成立しないような欠陥だが、それを逆手に取って、強い選手を1号艇(1コースに入りやすい)にするプログラムをわざわざ、それも朝からモーニングと称し、どうぞ昼からの資金を作ってくださいとばかりに用意し、売りにするようになった。

スポンサーリンク

罠に落ちそう

普通に考えれば1着はその1号艇となるから、後はヒモだけを悩めばいいのだが、これがいとも簡単に飛ぶ。その理由がこれも競艇の特殊性のひとつなのだが、競艇では前の選手を抜くことがとにかく難しい。競馬や競輪では面白いように差しや追い込みが決まるが、競艇ではそうはいかない。

競艇の純粋なボートの早さはモーターの良し悪しであるが、それは抽選の上、その馬力に大きな違いはなく、直線で前の艇を一気に抜き去るような芸当はできない。前の艇を抜くとすればコーナーにおいてとなるが、後ろの選手は前の艇の起こす引き波に飲まれるため、抜くことが難しい。

よって、スタートして最初のコーナーを曲がった向こう正面での着順が、最後までそのままという事が多く、逆に言えばスタートと最初のコーナーで遅れを取ってしまうと、挽回が難しいため、A1レーサーだろうとなんだろうと、そこで失敗したら上位にくることは難しい。

なので、万全と思っていた1号艇がスタートで後手を踏んだり、他の艇のスタートが良く捲られてしまうと、そこで終了。これが強いインの選手が簡単に飛んでしまう理由である。

さらに言わせてもらうと、昨日のボートレースメモリアルもそうだが、フライングした選手に邪魔されて(フライングした選手は失格で、舟券は返還される)1号艇が飛ぶといやるせないパターンもあり、この点も競技としてどうかと思う。本来なら、レースをやり直すのが相当だろう。

スポンサーリンク

今日の成績

そのあたりを踏まえて、今日の私の成績を見てみよう。安心してください。負けてますよ。

まずは徳山の2レース。インからA2A1A1B2B1A2の並び。なおB2は一人だけガールズ。進入は展示と同じく123/564。123 125 126 213 215 152と買う。そして、結果は153。しかも道中152だったものが、最後は153になってはずれるのだから、誰かが私の買い目を見てるとしか思えない。マイナス1,000円。

続いて唐津の3レース。A2B1A1B1B2B1という並びで1-3-256 3-1-24 3-46-1と買う。レースはインの3艇がスタート良く並び、3号艇が捲りに行こうとするが2号艇が抵抗し、1号艇は凹まされて終了し、かつ2号艇と3号艇は仲良く外に膨れてこれもお陀仏。結果は546の107番人気で配当は247,510円の超大荒れ。マイナス2,000円。

続く徳山3レースはインからA2B1A1B1B1A2の並びで、まあ色々買ったけど結果はB1トリオの425で95,730円。マイナス1,000円で通算マイナス4,000円。最後に唐津で1,000円捨てて、結局ものの1時間弱で5,000円負けた。

本当に競艇は難しい。特に、これだけ荒れると本命党の私はお手上げであるし、予想など意味の無いように思えてしまう。それが競艇である。ただ、実際には本命党が買うべきでないレースを買っていることも分かるし、負けた本当の原因は予想の範囲を超えた結果だったというよりは、予想の範囲を超えそうなレースに手を出していたことだというのも分かっている。

スポンサーリンク

本日の反省

競艇というのは良くできていて、これだけ外れても次のレースを見ると当たりそうだと思えるのだ。中央競馬なんかだと、あまりにハズレ続けると本当に当たらなくなる気がして、大本命の複勝を買って当てに行ったりする(これがまた外れるのだが)が、競艇はどれだけ外れても次のレースで1-2-34と1-34-2にドカンと買うことができてしまう。

そして、一見、インが強いとか、それを全面に出したレース作りとか、本命党には適した競技に思えるが、恐らくそれは間違いで、穴派に合っている競技なのだとう。

なので、私はしばらく競艇からは退場しようと思う。それでも買っちまうんだよなぁ。気をつけよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました