競輪の車券はどこで買う?~2023年6月9日

ギャンブル
スポンサーリンク

車券を買えるところ

中央競馬の馬券を買う場合、競馬場や馬券売り場(ウインズ)はもちろん、家や出先でも即PAT(ソクパット)やJRAダイレクトなどでスマホやパソコンを使って買うことができる。この即PATなどは、ちろん大元(おおもと)のJRAが運営するシステムであり、ネット競馬や競馬ブックオンラインと連携して馬券を買うことはできても、それらから直接馬券を買うことはできない。

これは競艇も同じで、いわゆる公式のサイトから購入するしかないし、そんな競馬と競艇しか知らない(私もそうだった。)人間からしたら、そりゃ当たり前だろう、主催者以外のところから買うのは、そりゃノミ行為だろうという感覚だ。

しかし、競輪はそうではなく、公式から車券を買えるのは当然として、サードパーティ各社を通じて直接車券を買うことができる。このあたりがノミ行為ではなく合法である理論構成は知らないが、パチンコにおける3点方式のような詭弁であるのか、法で定められているかあるのか、どうなのだろう。

まあ、それはどうでもいいとして、競輪においては、ウィンチケット、KDREAMS、DMM競輪など(なお、地方競馬においても、オッズパークがある。)という、公式以外で車券を買える方法があり、色々なメリットがある。

ポイントとチャージ

一つ目のメリットは、チャージや購入した額に応じてポイントがつくこと。これは公式でしか買えない競艇でも、各競艇場の運営するサイトで登録すればポイントはつくが、JRAではこれは無い(UMACAを使えば、購入ポイントはつく。しかし0.5%程度であり、競輪の最大3%などには及びもつかない。)。

さらに、後に説明するチャージ方法のうち、PayPayなどの電子マネー決裁を使えば、PayPayにもポイントがつき、購入にもポイントがつく。

ほかにも、ポイントくじがあったり、イベントでポイントが貰えたりと、これは買えば買うほど馬鹿にならないほどのポイント数になり、知らぬ間に10,000ポイント溜まっていたということもあった。

次のメリットは、チャージ方法が多彩なこと。中央競馬と競艇は、基本的に口座からのチャージしかない。JRAはJRAダイレクトというクレジットカードからの購入が可能であるが、手数料がかかる上、限度額(月5万)があるなど使い勝手が悪い。

しかし、競輪のサードパーティからの購入に際しては、クレジットカード、各種電子マネーやポイント(T-PointやPONTAポイント)からのチャージが可能である。

どこがいいか

その競輪の車券を買えるサイトはいくつかあるが、それぞれ特徴がある。最後は好みの問題かもしれないが、ざっと私の感じた印象を述べていく。

ウインチケット

総合力でいくと、まずここだろう。チャージはクレカ、ApplePayやPayPayなど各種電子マネー、T-PointやPONTAポイントなどのポイントと、ほぼ全て網羅している。

もちろん、銀行口座もオッケーであり、確か楽天銀行とかPayPay銀行などは清算は即時だ。ポイントも、購入時には、そもそもウインチケットの独自ポイントがつく上、T-PointとPONTAポイントがダブルでつくし、チャージをPayPayですればPayPayのポイントもつく。

画面はみやすく、アプリもある。時折開催されるポイントくじも、よく当たる。本当にほとんど不満の無いサイトである。ちなみにオートレースも買うことができる。

KDREAMS

楽天の運営するサイトで、こちらも良くできており、ウインチケットと双璧だろう。楽天ポイントから(デルカを経由して)車券が買えるなど、楽天ユーザならこちらを選ぶか。

ポイントの付与率が高く、またポイントとは別のコインがあり、そのコインを使って景品や車券の買えるポイントに変更もできる(時期による)。

普通のサイトでは、このポイントは購入できるポイントとして付与されるが、KDREAMSは現金でもらうことも可能である。これはうれしい。

その他

その他、DMM競輪やみんなの競輪、チャリロトなどがあるが、やはり先の二つがオススメである。しかし、見やすさや買いやすさから、これらを選ぶのもアリだから、それぞれ入会ポイントなどを狙って、色々なサイトに登録して使ってみるのがいいだろう(ご利用は計画的に)。

本日の結果

さて、今日から成績をつけていこう。競輪は1,020円からスタート(みんなの競輪を使用。オススメで無いのに、それにしている理由は、まだいつかできれば。)して、1日に5%増やし、まずは3ヵ月後の9月11日に10万円にすることを目標とする。

競馬はUMACAの1,000円を1日に10%増やし、11月25日に10万円にすることを目標とする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました