競馬の必勝法にも種類がある

まだ予想で消耗してるの?
スポンサーリンク

昔の馬券生活者のイメージ

競馬ファンなら誰もが夢に見る「競馬必勝法」の会得。しかし、必勝法にも色々なアプローチがある。

まずは「レースを絞りに絞り、間違いないという馬の単勝に○百万」という、昔ながらの玄人がやりそうな方法。噂では、年に買うのはほんの3~4レース。単勝3倍を200万買えば、600万の払戻で純益は400万。これを年に3回すればもう利益は1000万を超えるから、生活するには十分だろう。

この方法、私のように目の前のレースなら何でもかんでも買ってしまうという人間には「待てない」という意味で難しい。また、これだけの購入金額となると朝の未勝利戦ではオッズが下がり過ぎてしまうため、重賞クラスのレースでないといけないが、これがまた難しい。

未勝利戦ならば力の差がはっきりしており、抜けた馬を自信もって買えるが、重賞クラスともなると、どの馬も力があり、ちょっとしたことで勝ち負けは変わるから、相当目が肥えていないと難しい。

スポンサーリンク

あこがれの必勝法

次は、インスタントジョンソンの「じゃい」のように、要するに当てまくるという方法。やっぱりこれが本当はなりたい一番人気だろう。

玄人の方法は、格好は良いが余程の自信がないと、私なんかだと単勝にウン百万など、怖くてレースを見ることもできないだろう。しかし、「じゃい」なんかwin5で4000万!当てた時でさえ、投資は6万ほどだから、幾分お気楽に、そして配当はデカくといいところだらけだ。

そして、その他の馬券でも大きいところをバシバシ当てて、色んなレースに色んな賭け方をして勝つというんだから、羨ましい。羨ましいのは、勝つということもだが、なんといっても楽しいだろうなぁ。

ただ、これでは必勝法とはいえないだろう。前者は予想を極めた賜物だろうし、後者は特異な才能というほかない。

我々のような凡人が手にする事ができるかもしれない必勝法は、やはり次のどちらかだろう。

スポンサーリンク

買い目を決める方式

ひとつめは、指数や法則により「買い目」を決めるもの。ニッカンのコンピ指数を使ったものや、亡き阿藤快の六曜による買い方などが代表的なもの。出目や人気から機械的に買う方法や、タカモト方式に代表されるケントク買いもこのカテゴリに入る。

世間を賑わせたいわゆる脱税裁判の会社員がやっていたのは、ソフトを自分で改良してデータから買い目を決めていたものであり、技術と努力が必要だから、少し、私達が求めているのは違う気がする。

私達が求めているのは、指数をみて、決められた買い方でパパっと買い目がきまり、チャチャッと当たるという必勝法だから。虫のいい話だが、博打うちなんてそんなもんだろう。苦労しなけりゃいけないなら、真面目に働いて稼ぐわな。

スポンサーリンク

資金配分による必勝法

そして、もう一つが追い上げ方式(マーチンゲール方式)のように「資金」の投資方法による必勝法である。

こちらは最も単純な倍々プッシュを代表とし、他にもフィボナッチ数列を使うココモ法(前回と前々回の賭け金の合計を賭ける)や、それを使いカジノを破産させたといわれるモンテカルロ法(賭け金の計算は少し複雑)など、多くの方法がある。

いずれの方法も、最後に一回当たれば必ず勝つというもので、理論上は負けようがないが、次のような問題がある。

・当たる前に資金がパンクする可能性がある。
・ルーレットのように倍率が固定されているものはいいが、倍率が確定しない競馬の場合、想定している倍率を下回った場合、勝てない。
・特に、賭け金が大きくなってからは、自分の賭け金によりオッズが下がり、想定した倍率を維持できない可能性が高い。

なお、この買い方における買い目は、単勝○番人気を買い続けるというのが基本であるが、想定する倍率であれば、何でもいいはずである。例えば倍々プッシュのマーチンゲールであれば2倍を超える倍率であれば何でもいいので、「枠連678のボックスがどれがきても賭け金が2倍になる時」にするなら、それでもいい。

しかし、資金が尽きるまでに当たらなければいけないので、ある程度の確率で当たるものにしなければならない。この発展型として「枠連のオッズの組み合わせで、どれできても賭け金が2倍のなるもの」のいうのもいいだろうし、私の中ではかなり有力である。

スポンサーリンク

どっちの方式がいいのか?

「買い目」を決めるか、買い目や買い方は決めて「資金」の投資方法を決めるか、どちらも一長一短はあるが、大きく違うのは、「買い目」を決める方は「穴」を当てにいく、「資金」を決める方は「本命」を当てにいくというところである。

そして基本的には、「買い目」のほうは資金の多寡には影響されず、「資金」のほうはある程度の資金が必要となる。

よって、どちらを選ぶかは、穴派、本命派の別と、資金をどれだけもっているか、による。しかし、私は資金のない本命派なので、少ない資金で追い上げできる方法を模索中である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました