1日に資金を10%増やすの巻~その2

お金持ちになりたい
スポンサーリンク

モーニング

今日もモーニング鳴門と徳山からスタートのはずが、少し寝坊したので、最初のレースが徳山の2Rになった。もちろん、昨日と同じ苦手のレディースのレースである。

ここもメンバーはインからA2A2B2B1A2B2と、1から245で買うレース。しかし、分かりやすい分オッズも低い。目標である資金の10%増しからいうと、資金2千円少しに対して200円勝てばいいから、1,000円分買って1,200円になるように買えばいいのに、昔からの癖で、賭けた金額を倍にするような買い方をしてしまい、124,125,145の3点を買った。

124,125,145の3点、もし、貴方が一目見て危ういと感じたなら、それは正解。どうみても142で来そうな気配がする。かといって、今から142を足したとしても、それはそれで来ないような気がする。

結果は言うまでもなく142と、見事言えばこれほど見事な負け方もないだろう。

スポンサーリンク

それから

その後、実は競艇で取り返して少し浮きまで持ってきて、それからも1,000円を1,500円にするレベルでの小さな勝ちをいくつか拾い、今日のノルマである300円弱(資金の10%)の勝ちを余裕でクリアできたのであるが、やはり博打の虫が騒ぎ出し、ノルマを超えたいわば余剰の勝ち分で馬券を買ってしまった。

ただし、それが外れてもノルマはクリアしているから、ハズレたら本日は撤退のつもりだ。そう、つもりだったはずなのに。

レースは地方競馬の名古屋のレース。そして名古屋、笠松ではありがちの3連複が100円台(170円とか)という一見簡単そうなレース。

もちろん、その通りにその3頭で決まり、それも向こう正面から既にその3頭と後続の間が10馬身という、いわゆる「分断競馬」となって、左うちわで安心して見れる場合も多いが、3頭のうち1頭(特に1番人気)が出遅れて、しかも向こう正面でもジッと後方のまま待機して、直線もそのまま後方というレースもある。

新潟や東京の芝ならまだしも、小回りのダートで直線の短い地方競馬で後方待機とは恐れ入る。まあ、私たち素人には分からない何か理由があるのかもしれないが、見ている方としては、お金を賭けた分の満足はしたいから、ダメ元でも前へ前へ行ってほしい。

スポンサーリンク

必殺3分の2

そこで、私はこういう3強のレースはうち2頭はくるだろうという考えから、3頭をABCとした時、こう買うのを常としている。

まずは3頭のうち、来そうな2頭ABを選ぶ。おおよそは1番人気、2番人気になる。その2頭からの馬単AB,AC,BA,BCの4点を払戻が均等になるように買う。これで、おおむね賭けた金額が1.5倍から2倍になる。

3番人気(ないし予想の3番手)の頭からの馬券も買いたいが、そこまで手を広げるとトリガミになることが多い。

そして、結果、その3番人気が1着だったのは言うまでもない。そして、3連複なら当たっていたというから本当に最悪で、これがもしどっちみち3連複でも当たってなかったというなら、精神的にも流れ的にもいいのだが。

スポンサーリンク

その後

そこからは、森泰斗か本田重か迷って、やはりここは森泰斗からだろうと買ったら結果は本田重が1着。苦手な桐生競艇で1号艇から買ったら3号艇に捲(まく)られ、最後は競輪で格上のラインから買うと番手が千切れてアボーン。

反省するしかないが、結局、資金を10%増やすだとか他にも数多(あまた)ある必勝法の類は、予想や投票券の買い方よりも精神力が問題なのだ。

そして、私の買い方の試みは失敗に終わり、次に進むためには、まず資金を確保しなければいけなくなった。そこで、当初からやろうと思っていた「元手ゼロから資金を作る方法」を整理してみることにした。

※ 現実には、手元の小銭入れに入っている500円から再出発しようと思っているところ。

スポンサーリンク

無から金を生み出す方法

無からと言っても、スマホと通信料は必要だから厳密にいえばタダではないが、通勤定期券を使って平日に電車で遊びに行くのと同じで「実質無料」と言っていいだろう。

ネットで調べるとポイントサイトでポイントを稼ぐなんて言うのが沢山でてくるが、これは昔やってみた私からすると、とにかく時間がかかるのと、大量ポイントの稼ぎ頭がクレジットカードの作成なので、断念した。

私もそうなのだが、ポイントサイトで稼ごうなんて人は、既に切羽詰まっており、おそらくクレジットカードは限度額がパンパンで作れないか、信用情報がブラック過ぎてカードなんか作れないと思う。

他にはブログを作ってアフィリエイトや広告収入というのもあるが、これはもっと時間がかかる上、月に1,000円稼ぐのも大変である。それに、独自ドメインやサーバーのレンタル費用などの初期費用とランニングコストがかかる。

スポンサーリンク

海外FXとけいりん

そこで、まずは海外FXである。FXとはドルを安く買って高く売る、又はその逆の取引をしてその差益で儲けたり損をしたりするもので、主婦がおウチに居ながらポチポチするだけで1月100万稼いだなどと吹聴されていたのが記憶に新しい。

もちろん、そういう輩もいるにはいるだろうが、大半は大金を失うようにできており、私も数年前にチャレンジしたが、もちろん負けに負けた。

特に海外FXは、レバレッジが高く(500倍とか1,000倍とか)少ない保証金で大きな取引ができるため、大きく儲けることもあるが、時にはアッと言う間に数万、いや数百から数千万も負けることができるから恐ろしい。

一方、日本のFXはレバレッジが低い分(最大で25倍)危険は少ない。しかし、ここで問題となるのはレバレッジの多寡ではなく、口座開設ボーナスである。

スポンサーリンク

口座開設ボーナス

FX業者は、顧客獲得のために色々なキャンペーンを実施している。その中でも「口座開設ボーナス」は、全く懐(ふところ)が痛まない、私のような者にとってはありがたいキャンペーンである。

日本のFX業者も各種キャンペーンは行っているが、おおむね開設+取引が条件となっておりらまずは手元に幾らかの金額が必要となるから、タダでお金を作れない。

その点、海外FX業者は、大手XMなどを筆頭に口座開設ボーナスを用意しているところが大半である。ただし、ボーナスそのものは出金できない。ボーナスを利用して得た利益だけが出金可能なのだ。また、一定の回数や金額の取引をすることが条件となっている場合もあるため、各社の取り扱いをよく読む必要がある。

スポンサーリンク

実際の取引について

FXの口座開設、取引、出金方法についてはネットで調べれば分かりやすい説明が書いてあるサイトが沢山あるから、難しくはないだろう。そして、実際の取引は例えばドルが上がるか下がるか、それを当てるだけだから、よく分からなくても50%は当たる。

私は少し昔、いくつかの海外FX業者で試した際は、欲をかき過ぎてなかなか儲けることができなかったが、今回は少しでいいから儲けが出た時点で出金してみようと思い、最近できたBitterz(ビッターズ)という和製海外FXと言われる最新のFX業者で開設ボーナスを狙ってみた。ちなみにBitterzが取り扱っているのは、ドルやユーロではなく、ビットコインに代表される仮想通貨(暗号資産)である。

開設ボーナスは10,000円分のビットコインで、これを保証金としてビットコインの取引を行う。上がると見た場合は「買」、下がると見たら「売」の取引をすればいい。基本的にはその時のトレンド(上昇中なら買い、下降中なら売り)どおりでよい。

大きく狙うなら、上昇中の下げ、下降中の上げという反発を狙うことになるが、だいたい痛い目を見る。

スポンサーリンク

儲けた!

そして、珍しく順調に儲けを増やすことができたので、3,000円ほど利益を確保した時点で決済し、利益を確保した。そこからはビットコインを受けるウォレット(Gincoというのを使った)を作り、そこに設けたビットコインを入れ、次は円に替えるためにDMMビットコインの口座を開設。

そして、ウォレットからDMMビットコインに資金を移し、現物(レバレッジなし)取引でビットコインを円に替え、それを銀行口座に振込みした。

FXの登録から口座への入金まで、3日くらいだったように思う。これで、完全に無料で3,000円弱のお金を作ることができた。

長くなったので、同じように「元手無しでお金を作る」錬金術の「けいりん」バージョンについては、次回としよう。

ちなみに、記事を書いている間に、この3,000円と手元の小銭500円は無くなった。てへ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました