3連複と3連単はどっちが得なのか?

まだ予想で消耗してるの?
スポンサーリンク

3連複、3連単の売上

私が競馬を始めた平成元年の頃、馬券といえば枠連であり、馬券売上の95%を占めていた。その後、馬連が登場し、さらには3連系の馬券が登場するに至り、今では馬券と言えば3連複、3連単というまでになっている。

ちなみに、現在の馬券売上の比率は、おおよそ、単勝 5% 複勝 8% 枠連 3% 馬連 14% ワイド 7% 馬単 7% 3連複 19% 3連単 32% win5 1%となっており、馬券売上の半分を3連系の馬券が占めている。

3連複と3連単では、3連単の方が3連複の1.5倍売れているが、これはより多く選ばれているというより、どうしても買い目が多くなるから売上が多いもので、買われる機会としては同じくらいなのではないか。

スポンサーリンク

3連複と3連単、どっちが得か?

では実際のところ、3連複と3連単、どちらがお得なのだろうか?まずは払戻率をみてみると、3連複は75%、3連単は72.5%だから、この点に関しては3連複に軍配が上がる。

平均配当は、大体3連複が2万あたり、3連単が15万あたりである。3連複の1点は3連単だと6点になるので、配当は6倍になりそうなものだが、7倍近くになっているのは、1000万を超えるような3連単の配当が数字を押し上げているのだろう。ただし、理論上の数字と大差ないため、この点については引き分けとする。

次に投資額と配当のバランスであるが、これはどう考えても3連複の勝ちだろう。3連単は投資額が大きくなりすぎる。例えば5頭ボックスなら3連複が10点となるのに対し、3連単は60点というのはあまりに違い過ぎる。

スポンサーリンク

配当を比較する

だからといって、3連複の配当が少ない訳ではない。例えば最近のレースでいうと、

2018 ダービー
3連複 521,600円 3連単 2,856,300円

もちろん、280万は欲しいが50万でも十分だろうし、3連複なら200円、300円買っているかもしれないし、3連単の場合順位が合ってなければハズレとなる。「3連複にしとけば当たってた」で50万を逃すのはキツ過ぎるだろう。

荒れてないレースの場合では、
2018 春の天皇賞
3連複 2,060円 3連単 11,650円

この2千円と1万円をどう見るか、どちらも「アリ」という気もする。なお、3連複は1番人気であり、3連単は8番人気である。ちなみに、単勝でいうと、2番人気、1番人気、4番人気である。

3連複は2千円の配当であるが、1番人気ということもあり、その1点に賭けることは有り得る。そして、例えば3千円賭ければ6万円になる。同じ金額を3連単で払い戻すなら、1点に500円賭ける必要があるが、この3連単を取るのに何点買う必要があるか。1点買いはまずないだろう。12点から20点といったところか。

その場合、投資額は6千円から1万円となるから、3連複の倍以上の投資が必要である。

スポンサーリンク

まとめ

こう考えていくと、やはり3連複のほうが「得」であると言える。3連単がその威力を発揮するのは、超大荒れという場合になるが、そのためには多くの点数と多くのレースが必要であり、当たる前に資金が尽きそうだ。

総合的には、3連複のほうが「得」なのは間違いないが、一瞬の爆発力で「勝てる」のは3連単となろう。しかし、3連単の場合は「穴」狙いでないとうま味がなく、その場合は的中率も下がるため、資金的にも精神的にも動じない者でないと厳しいと思われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました