1日に資金を10%増やすの巻~その1

お金持ちになりたい
スポンサーリンク

モーニング

モーニングと言えば、コメダ珈琲かドトールといったところか。いやいや、競艇好きならこう答えるはずだ。芦屋か唐津か徳山か。果ては鳴門か三国かな。と。

そんなモーニングには、私も泣かされた一人であるが、朝のコーヒーを飲まないと一日が始まらないように、1号艇のA1レーサーがキッチリ逃げてくれないと、こっちの一日も始まらないのだ。

今日のモーニングは徳山と鳴門。徳山と言えばイン天国で、1号艇の勝率が最も高いのは、今や大村ではなく、この徳山なのだ。そんな強い1号艇にA1レーサーが乗って他は全員B級なんだから、目を瞑(つむ)っても逃げられるはずだ。実際には簡単にとぶけどね。

一方、世界一の大きさとも言われる直径20mを超える「鳴門の渦潮」で有名な鳴門は、インが弱くレースも大荒れが多いイメージである。

となると、本命派の私なら徳山一確となりそうなのだが、そうは問屋が卸(おろ)さない。若干、鳴門の方がレース開始時間が早いので、どうしてもそっちを買ってしまうようにできているのだ。

スポンサーリンク

鳴門1R

荒れる鳴門とはいえ、朝の1Rはいかにもモーニングといったメンバー構成。さあ、インから買って当ててくださいというレース。並びはA1B1B1B2B1B2だから、1号艇から2,3,5号艇のB1に流せば当たるレースだ。

なお、今回の目標は、別の記事にあるとおり資金を10%増やすことなので、資金2,368円(少なっ)に対して230円増やすのが目標だったはずなのだが、まだ半分寝ていたのか、1,000円を10%増やして1,100円にしようとしていた。

そして、その増やし方も検討していたのだが、ここはそれに従わず、とにかく100円増やそうと考え、1号艇から2連単で流してそれを達成しようと考えた。

1,000円全部を賭けるのは怖いので、300円を400円にする感じで100円増やそうと思い、オッズを見てみると、1から235全部に流すと儲けが出ないので2点に絞る必要が出てきた。

1番人気の2連単1-2の2倍は外せないから、後は1-3と1-5のどっちを買うか。オッズはともに4倍程度。成績はあまり変わらないので、インに近い1-3にしようと思ったが、まずは進入と展示を見てみることにした。

展示タイムは大差ないが、なんと展示での進入が125/346となっている。そして、5号艇は地元レーサーで年齢的にも3号艇よりかなりの先輩。こりゃ、レースもこの体形だろう。となると1-2と1-5で決まりじゃん。

スポンサーリンク

競艇あるある

さて、本番はどうか。やはり進入は125/346となった。シメシメ。そしてスタートはほぼ横一線。こりゃ順当に1-2かと思ったら、2号艇が波に呑まれて艇がブレた。そして、何故か後ろで4号艇が落水している。

1号艇はらくらくの逃げ。後は3号艇と5号艇の対決であり、私にとってはどっちが2着になるかは死活問題である。しかし、向こう正面の直線では、外の3号艇が一歩リード。

さあ、次の第2ターンマークでのターン、頼むで5号艇。既にあっちで落水してるから、このターンしかチャンスは無い。との祈りも空しく、135の体制のまま決まり。もちろん、そのままゴール。

競艇あるあるというか、他の競技でもそうだが、「切ったやつがくる」というのは、本当に的を射た真理だ。

スポンサーリンク

徳山1R

外れたレースの後、特にさっきのような外し方をした時は、どう考えても一息入れるべきなのだが、「わかっちゃいるけどヤメられない」のが!小博打うちの性(さが)なのだろう。

というか、既にさっきのレースの1周目の第2ターンマークのところで、頭の中は次のレース。そう、時間差で行われる徳山の1Rにロックオン。しかも、危ういことに、それは当たった試しのないレディースのレース。

競輪のガールズは、おおよそ力通り決まるのだが、競艇のレディースは訳が分からない。とはいえ、ここは徳山。しかもモーニングだから、インからA2B1B2B1B1B2の並びで、1号艇と4号艇が勝率6点台だから、1-2と1-4でまず当たる。

しかし、1-2のオッズが低いため、負けを取り返すために1-4と1-2-4,1-2-5あたりを買おうと思ったら、1-4は買えたものの締切となって1-2からの舟券は買えず。頼むから1-2はこないでね。

と、この流れからすると1-2-4で決まりそうだが、結果はその想像を遥かに上回る。事実は小説より奇なり。

まずは1号艇がドカ遅れ。もうこの時点でハズレ確定だが、次の鳴門までは時間があるから、何かの記念になるかもしれないし、レースは最後まで見てみよう。

見ても悲しいだけだった。結果は2-5-1で12,890円の万舟。

スポンサーリンク

鳴門2R

返す刀で鳴門の2R。返り討ちに遭いそうだが、ここはインからA2A1B1A2B1A2で、2号艇のA1は3周回の日本レコードを持つSG覇者(2回)のスピードスター、馬場貴也(ばばよしや)だから、1-2を買うか2-1を買うかが焦点のレース。

馬場の強さは認めるが、ここはSTも展示も悪くない1号艇がしっかり回るとみて、1-2から勝負。

スタートは4号艇が速く、1艇身抜け出す。そのまま捲りの態勢に。そして、教科書に載っていてもおかしくなほどの、お手本のような捲りが決まりアボーン。結果は4-6-1の47,010円と超大荒れなんですけど、馬場ちゃん。

スポンサーリンク

徳山2R

もう、ヤバい感じもするが、ここまできたら行ってしまおう。敢えて歩もうデスロード、最後の資金を投入だ。ラストの千円は、次の徳山2Rだ。締め切りまでもう時間がない。ラストマネーは、競艇らしく1号艇から行こう。

しかし、人気の1-2は止めておこう。当たるにしろ外れるにしろ、ここで人気の組み合わせを買っているようじゃ、勝負師とは言えない。よって、1-3、1-4、1-6の3点を計900円でいく。ちなみに、100円余っているのは単なる計算違いである。

しかし、2号艇はこのレースで最も勝率の高い(6.28)富樫。2コースが上手い下手なのかもぶっちゃけ知らない。さあ、普段はどれだけ活躍してもいいから、2号艇よ、ここはとんでくれ。

スタートはほぼ横一線。少し外がいい。さあ、最初のターン。息を呑んで見守っていると、1号艇は危なげなく回って、これは大丈夫。問題の2号艇は、外に膨(ふく)れて、しかもなんと転覆。1-6で決まって、払戻は2,580円。

スポンサーリンク

これでいいのだ

危ない橋を渡ったが、何とか渡り切ることができた。しかし、これは偶々(たまたま)であって、次からはもう少し慎重に、そして、感情に流されず機械的に資金配分や買い目を検討しよう。

ただ、今日のところはひとまず目標を達成したことを喜んでいよう。そして、まず第一の目標である「1日に資金を10%増やし、それを42回繰り返して資金を100万にしよう」の1回目の、成功に酔いしれておこう。

コメント

  1. しず より:

    おめでとうございます!
    あと41日ですね。

    機械的に買うのはかなりのメンタル必要ですよね。
    感情に流された時、熱くなって買ったヤツが当たった瞬間の脳汁!!
    競馬場とかで叫ぶ人の気持ちが最近わかってきました。(できればわかりたくなかったです。)

    明日も+10%達成できるといいですね!
    応援してますよー!

タイトルとURLをコピーしました