馬券がうまくなるヒント その36「3連単 その4」

馬券がうまくなるヒント
スポンサーリンク

3連単にはこんな買い方もある

3連単の買い方について、ボックス、流し、フォーメーションと説明してきたが、他にこんな買い方もあるので紹介する。
まずは、オッズ買い。これには大きく分けて2通りある。一つ目は配当を予想して買うもの。例えば、オッズが2万円台の買い目を全て買う方法。これは、レースの荒れ具合だけを予想して買うものである。次に内容的には似ているが、50番人気から100番人気を買うという方法。これも考え方は同じである。

どちらも予想という点では邪道であるが、予想と馬券は別物だから何の問題も無い。逆にいくら予想が上手でも馬券が下手では意味がない。これらの買い方は、パソコンやスマホで買う場合限定で、競馬場や場外馬券場でマークカードを使って買うのは大変である。そういう意味では近代競馬を代表する買い方と言っていい。

スポンサーリンク

馬券補完計画

次に、私がよくやる買い方なのだが、名付けるとしたら「馬券補完計画」とでも言おうか。まあ、やり方はこうだ。まずは馬単を買う。これはもちろん、自分のいつもの予想通りに買う。これがまず当たらないという悲しい現実からスタートし、3連単オッズを人気順にみて、自分の買った馬単と被らない馬券を人気順に買っていくという方法である。

例えば馬単の 1-2 1-3 を買ったとする。これはまず当たらない(悲)ので、抜け目の美味しいところをいただく感じで、人気順の3連単オッズを上から見ていく。例えば10番人気までが 142 143 124 123 148 149 128 412 413 134 だとしたら、124
123 128 134 できた場合は馬単が当たるので、それ以外の目 142 143 148 149 412 413を買うという買い方である。この場合、万が一当たるとしたら、この3連単の方である。

人気順でなくてもこの買い方はできる。例えば前の例では、1-2 1-3 と買ったから、それと被らない3連単フォーメーションの1-4-235678と4-123-235678を買うといった買い方だ。どちらの方法も、実戦で当たるのはだいたいが補完した馬券のほうなので、いっそそっちだけ買おうかとも思っている。

スポンサーリンク

最終奥義

この「自分を信じない馬券」シリーズの亜流として、奥義「入れ替えの術」を使った、一旦組んだ3連単のフォーメーションを組み替えるという技がある。

「721は持ってるが、712は無いわ~」「しかも1番が人気ないから3連単5万ついてるやん。」これぞ馬券あるあるだが、それを逆に利用するというもので、方法は簡単。2着と3着とか、1着と2着を入れ替えるだけ。

ただし、元の馬券なら当たってたという場合のあるから注意するように。その場合、入れ替える前の並びの馬単を買っておくという手があるので、それも検討した方がよい。

スポンサーリンク

馬券の本質?

また、負けが込んで訳の分からない状態で、まともに予想できない時などに有効となる、こういう買い方もある。3連単フォーメーションで1着に1~3番人気、2着に4~6番人気、3着に7~9番人気をただ買うという方法。

2,700円で済むから、そこまで大きな買い物でもない。もちろん、順番は替えてもいいし、資金が少なけりゃ2頭ずつだってよい。ちなみに、個人的に今までの最高配当がこの買い方で当たっている。そんなもんだ。

他にも、人それぞれに奇抜であったり、特殊な買い方はしているのではないだろうか。それは馬券的に、特に予想という観点からは邪道かもしれないが、それこそが馬券の本質なのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました