競輪でグッドマン法を使い1日1万勝つ

グッドマン法

競輪でグッドマン法を使う方法については、この記事のとおり。

競馬、競艇、競輪の必勝法~グッドマン法とは?
必勝法の代名詞、マーチンゲール法 ギャンブルの必勝法と聞いてまず思い浮かぶのは、いわゆる追い上げ方式といわれる、負ける度に賭け金を倍にしていくマーチンゲール方式である。まずは、理論上は当たれば必ず勝つ方法である、マーチンゲール法のおさらい...
競輪とグッドマン法で1日5,000円は堅い
競輪のイメージ 競馬から始めた人にとって、競輪のイメージは大体このようなものであろうか。 ・ラインが良くわからない ・馬と違い人為的な何がありそう ・仲間同士で着順を操作してそう ・オッズが変 ・成績表を見ても良くわからない ...

そして、今日からは訳あって早速実戦し、その結果を登載していく。今日の資金は3,000円で、当初の購入金額は1,000円、目標は1万円の勝ちとする。

理想的なのは、4連勝

最悪なのは3連敗

とにかく、どこかで4連勝以上すれば良い。最初に2連敗しても4連勝すれば9,000円の勝ち(目標には及ばないが、ここから後1,000円のために結局、全部無くすのが常だったから、これ位の場合はここで止めるべきであろう。)となる。

では、防府の1レース。競輪のモーニングである。競艇のモーニングは芦屋も徳山も唐津も三国も鳴門も当たらないが、競輪はどうなのだろう。

競輪も武雄、広島、防府、小松島など、アチコチでやっているが、競艇との違いはモーニングがない日が結構あること。毎日どこかでやっていればもっと定着して来ると思うのだが。

その防府の1レースは7車立てのチャレンジ。ホッとする。頭数が少ないのは安心感がある。やはり9車立ては紛れが多く、人気どころが7番手以下になって間に合わない事が多い。

Kドリームスの短評が「荒れ模様」なのは気になるが、予定通り人気どころの2車単をスジで買うことにする。もちろん、スジで決まりそうにない時は見送りだ。

並びはこう。

オッズはこんな感じ。

このオッズなら、1と3は千切れないだろうと見ていいだろう。(1-3が売れているのに3-1が売れてない場合は、千切れそうと見る。)

買い目はこのとおり。

本当は6-5や3-4も買いたいが、基本的にグッドマン法は、購入金額が倍にならないと駄目なので、この目に絞った。このあたりは改良が必要かもしれない。

ギャンブル必勝法の考察
ギャンブル必勝法の考察 以前紹介したグッドマン法などのギャンブル必勝法は、他にも沢山ある。俗に倍々プッシュと言われるマーチンゲール法や、あるギャンブラーがその方法を使ってカジノを潰したと言われるモンテカルロ法などが有名である。 ...

結果は、1-3で決まり、払戻は2,080円。初っ端は成功。グッドマン法の投資額は、1235法とも言われるように、当たり続けている場合は1235と増やすので、次のレースは2,000円としよう。

その後、2,000円で競輪→当たり払戻6,080円、3,000円で競馬→当たり払戻5,150円と順調に3連勝し、あとひとつ勝てば目標達成というところで、中央競馬の中京3レースの川田の単勝、2.8倍に突っ込むか、堅そうな競輪にするか迷い、競輪にしてハズレ。

これでまた最初からやり直し。現在、プラス330円。

資金稼ぎは「ポイ活」で。元手ゼロ!
手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
グッドマン法
スポンサーリンク
シェアする
ペルーサをフォローする
振り向くな、後ろには夢がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました