淡々と小博打その8~奇跡はここから

小博打
スポンサーリンク

再スタート

とうとう資金も尽きたところ、2021年6月15日の火曜日には何とかお金が工面できる、それを最期のスタート資金としようというところで、前回の記事は終わっていた。

その火曜日がどうだったのか、話を少しまとめてみよう。まず、何とか工面できるお金というのが、何だったのか。これは少しお金が余っていた(どこがやねん)時に、別枠で少しの資金を増やそうと始めたFXの口座に振り替えておいた3,000円である。

ちなみに、そのFXは楽天証券FXなので、3,000円では取引ができない。株などと同じようにFXも最低な必要資金というのがある。楽天証券FXは1,000通貨単位から買えるので、今のレートでドル/円なら4~5,000円は必要となる。

おおむね、他の国産FXは10,000通貨単位からなので4万~5万必要なところ、その10分の1で取引できる点については、楽天証券FXを選ぶ大きなメリットとなる。しかし、上には上がいるもんで、SBI-FXトレードならなんと、1通貨単位から購入可能。

よって、4~5円あればFXをすることが可能である。まあ、10円が10.05円になって意味があるのかどうかは知らないがね。

そして、その楽天FXの3,000円は、楽天口座を持っていてマネーブリッジで連携している私なら、実は月曜日に出金することも可能だったのだが、焦りは禁物、敢えて火曜日の通常出金を選び、満を持しての再スタートとしたのだ。

スポンサーリンク

再スタートの結果

さて、その結果であるが、華麗なる再スタートにより、数ヶ月先に100万の余裕資金を持っている明るい未来があるはずという夢を見ていたのに、それがものの数時間でなくなるなんて、まるで悪夢としか言いようがない。

思い出したくないし、夢でも見ていたかのように記憶がおぼろげなのだが、ダイヤモンドより硬いはずのけいりんのモーニングが大荒れで外れたのと、1=2でしかあり得ない競艇も、2が捲るところ1が張り合って一緒に外にふくれて共倒れという、競艇あるあるの見本のような外れ方をしたのは何となく覚えている。

ただし、これらは交通事故的、天変地異的な負け方のようであって、実は「これからは仕事として博打を捉え、シビアにやっていく。」と自分で言ったことができていないのだから、事故ところが言わば必然だ。

具体的には、「好きだが負ける競艇は買わない。」「けいりんは本当に堅いレースしか手を出さない。例えばDMM競輪の【鉄板】レースだけとか。」「競馬は単複だけ」など自分で考えていた買い方が、全く守れていない。結局は、とにかく目の前のレースを買って楽しむ、という今までと同じ事になっていたのだから、今までどおり負けて当然だ。

スポンサーリンク

はじめの一歩

三大「完結するのが先か、作者が亡くなるのが先か」漫画と言えば「ガラスの仮面」「HUNTER×HUNTER」そして「ベルセルク」というのが定説であるが、とうとうそんな冗談じみた言い種が本当になってしまった。

「ベルセルク」の作者、三浦建太郎氏が2021年5月6日、急性大動脈解離により54歳という若さで帰らぬ人となってしまった。終盤に差し掛かっていることを示唆する発言もあったという、30年以上続いた「ベルセルク」は、遂に未完となってしまった。

「ゴルゴ13」(完結編は既に書かれているとの噂もある)、「名探偵コナン」など、他にも未完疑惑がある漫画はいくつかあるが、今回はその中のひとつ「はじめの一歩」から、私が感銘を受けた言葉を紹介しよう。

それは(実はちゃんと読んでないから、登場人物のことは良く知らない)、おでこに三日月型のチョロ毛のある、トレーナーらしきおっさんの「努力した者が皆成功するとは限らないが、成功している者は皆すべからく努力している。」という言葉である。

さて、何故ここで急にこんな事を言い出したかというと、やはり振り返ってみると「自分が努力していない。」ことが分かったからである。そう、これでは成功する訳がない。

本当に努力して、結果を出す。そろそろやってみようではないか。しかし、今日はもう気力が無くなった。明日から頑張ろう。

スポンサーリンク

そして次の日

さて、本当はここからの復活とふんどしを締め直したところなのだが、先立つモノがなければ手も足も出ない。そこで、困った時のポイ活であるが、もう金になりそうな案件は既にやり尽くしているから、さて、どうしたものか。

しかも、華麗なる再出発に際して身体をきれいにしようと思い、メインで使っていたモッピーとポイントインカムは退会してしまっている。なお、再登録はモッピーが1週間程度、ポイントインカムは3ヶ月の期間を経過しないとできないようだ。

しかし、一時期片っ端から登録した別のポイ活サイトが山ほどあるから、それのうちのどれかを使おう。う~ん、良さげなのは「ワラウ」かな。そこで、またauかんたん決済を使い「西洋の城」とかいう一生興味を持つことが無さそうなサイトに登録し、5,000Pをゲットした。10P=1円なので500円である。

この「ワラウ」のいいところは、モッピーなどが1日に1回しか換金できないところ、ワラウは1日に1回というのが換金先別なところ。よって、ワラウならT-Pointに換えた同じ日に、LINEポイントに変換することができる。これが後で効いてくることになるとはね。

スポンサーリンク

こんなことってあるのかな

早速、T-Pointに変換した500PをWinTicketのポイントに換えて、けいりんだ。A級チャレンジの決勝。5から2と3を買えば当たりそう。そして、うまく2=5で決まった。はずが、2が失格。あの程度のブロックで失格なのか。もしくは、俺が買っているからか。

そんな失意の私を慰めてくれたのが、ワラウ。まさに「笑う」である。次は「日本の城」を登録して同じくポイントをゲットし、今度はLINEポイントに交換してWinTicketだ。

ここから先は珍しく、きちんと競輪の堅いレースオンリーで、500円を705円にすることができた。しょぼい?ああ、しょぼいです。金額的にはね。

しかし、元々の狙いは500円を550円にできればいいというものなので、しょぼいどころか、大成功。

スポンサーリンク

1日に10%資金を増やす

あとは、この「1日に10%資金を増やす」ことが続けられれば、100万は目と鼻の先。え?いつまでかかるのかって?500円を1日に10%増やす。

500→550→605→665という感じだが、なんとたったの81回で100万を越えるのだ。

まあ、最後の1回は10万勝たなくてはいけないので、現実には最後はスピードが落ちるかもしれないが、逆に、今日は500円を705円にできたから、10%増やすのを3回成功してるように、最初のうちはもう少し早いスピードになるかもしれない。

さて、肝心なのは2日目である。明日も頑張る、いや努力するゾ!

まずは、無料会員登録!
小博打
スポンサーリンク
シェアする
ペルーサをフォローする
振り向くな、後ろには夢がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました