淡々と小博打その9~バカは死んでも治らない

小博打
スポンサーリンク

今日が大事

さて、昨日は500円の資金を550円にするという目標を達した。はずが、夜のミッドナイトで少し減らして、結局資金は500円になった。今日は昨日の分と今日の分、500円→550円→605円と増やしていくことを目標としよう。

まずは、オートレース。最初にあまり馴染みのないオートレースにするのもどうかと正直思うが、ここはピンときた。レースは478あたりが人気。2連複の1番人気78の組み合わせのワイドを買う。なお、ワイドは47が1番人気。

結果は628、3連単36万って、こんなに荒れるの?オートレース。ピンときたのは何だったのだろうか。

マイナス100円で残り400円少し。

スポンサーリンク

けいりんで取り返したい

だんじりの街、岸和田けいりん。頭の中のほとんどが祭で占められている人達の住むところである。そこで行われているのは、高松宮記念杯競輪というG1。競輪はあまり詳しくないので、よく分からないが大きなレースなんだろう。

ということは、出るのは強い選手たちだろうし、レース巧者だらけなんだろう。となると、ラインを守りスジできっちり決まるんじゃ?と、思い人気のスジの2車複で。

24 36 571という並びの7車。強い順から買い、2=4と5=7にする。で、結果は27のスジ違いでした。マイナス200円。残りは200円少し。危険だ。

スポンサーリンク

そろそろ当てないと死ぬ

次は取手の4レース。15 246 37のところ、今度はスジを嫌い、強い2から2=4 2=5と買う。ここで今度は、スジでくると読み物としては楽しいが、さすがに私にも人生が生活がかかっているから、当たってもらわないと困る。

結果はギリギリ25。一見、21で決まったかと思った。心臓が止まるかとオモタ。

これで何とか350円の配当と、Winticketのポイントを合わせて400円買える。今日の目標は500円を550円(10%増やす)にできればいいので、あともう少しだ。

また今度は岸和田。やはり大レースは、何だか身が引き締まるというか、緊張感があって見応えがある。ような気がする。

ここは堅く、強いラインの2車のワイドで。17か39で悩み、39にした。2.0~2.2倍だから、目標までは届かないが、まずはトントンまで戻せそうだ。

で、結果は17の方がきてワイドは290円ついていたから、こっちを選んでおけば目標クリアだった。痛恨。

スポンサーリンク

これで最後か

残り300円、負けたら終わりだから全額は買ってはいけないと思うが、これが3,000円ならまだしも、300円では全額でも3点しか買えない。ここは300円、全財産を慎重に行こう。

5車立てという買いやすいレース。ラインは42と135が単騎。となると42を中心に買うことになる。42から15と、2が付いて行けなかった時の145を3連複で。

ここは上手く421で決まってくれた。これで、払戻金490円と残っていた残高を合わせて524円。目標の550円にはチト足りない。あとホンの少し。ここであと30円勝てばいいと、100円をワイドで130円にしたりしようとすると、まず当たらない上、その後ボロボロになるので、慎重にレースを選ぼう。

スポンサーリンク

100円を130円に

さて、100円を130円にするとなると、色々な方法がある。競輪なら、強力なラインのガチガチの2車複や3連複か。これは他の競馬や競艇の1倍台よりは信頼できると思っているが、該当するレースが少ない。

競艇は12で1倍台というのがよくあるが、外から捲られたり、2号艇が引き波に飲まれて沈んだりと、あまりこないイメージが強い。

そこで、地方競馬の強力な馬の単複にすることにした。すると、次の佐賀のレースで、「クラウドナイン」という馬が単勝2倍少し、複勝1.3~2.2(最終1.1~1.4になっていた。)あたりというのがいる。

クラウドナインと言えば、1987年、ジェフ・リンのプロデュースした、ジョージ・ハリスンのヒットアルバムを思い出す。また、血統をみると何とディープインパクトの子供。これでいこう!

ちなみに、クラウドナインとは「意気揚々」という意味で、諸説あるが、国際雲図帳で9番目にあたる積乱雲の、上へ上へと突き抜ける「アゲアゲ」な姿からきているとか。

結果、クラウドナインは、後方からきっちり差しきって1着。複勝は結局110円しかつかなかったから、単勝(260円)にしとけば良かった!と後悔していたら、そもそも馬券が買えてませんでした!

買ったつもりが、最後の合計金額を入れておらず、買えてなかった。ネット競馬あるあるである。

スポンサーリンク

気を取り直せ

気を取り直して、高知競馬を見てみると、中央からの転厩初戦という本命馬のいる、買ってくださいと言わんばかりのレースがある。単勝1.6倍のミケーレという馬。ミケーレとは、大天使ミカエルのことらしい。こりゃ縁起もいい。そして、父はディープの兄弟ブラックタイド。これだ!

そして、レース時間になって中継を見ようとすると、真夜中のテレビの放送電波発射中みたいな画面のままである。

そして、出馬表を見てみると、発走が思ってた13:55ではなく、14:55であった。これも競馬あるあるである(私はよくやってしまう。)。

ここで、他のレースに手を出すと、当然のように外れて、14時30分頃には資金を全て無くし、14:55のレースも外すというのを何度もやっているので、ここは14:55まで待とう。

スポンサーリンク

バカは死んだら治るのか

と、思っていたのに、結局、自信のある訳じゃない競輪のレースに手を出して、資金は全部なくなった。そして、残ったミケーレの単勝に望みをかけるも、絵に描いたような2着。

また、資金が無くなった。こうなると何もできない。やはりバカは死んでも治らない。じゃあ、死んだら治るのかと言うと、きっと死んでも天国(地獄)で同じように、目の前のレースを買って負けて、金策して、そしてまた負けてと、何も変わらないんだろう。

ならば、生きてるうちに治そうか。まずは、またまた金策だ。

まずは、無料会員登録!
小博打
スポンサーリンク
シェアする
ペルーサをフォローする
振り向くな、後ろには夢がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました