明日のために~その1 資金をつくれ

明日のために
スポンサーリンク

成功への道

久しぶりの投稿となるが、この間何をしていたかというと、世間を賑わしているコロナウイルスに罹患したなどと言えばそれらしいが、そんな訳もなく、金が無いため単に記事にするような小博打をすることができなかった、というだけのことで、情けない限りである。

しかし、死に体ではあるが、実体は死んでいないからまだ望みはある。とはいえ、9回裏2アウトランナー無しで、点差は10点負けているというくらい望みは薄い。コーラを飲んだらゲップが出るくらい確実なんじゃあと言ったのは、ご存じジョセフ・ショースターであるが、まさにその逆と言っていい。

じゃあ、それでどうするのかというと、今の私は1周澄み切った泥水の上澄みのような「どんよりとした静寂」で、悟り半分疲れ半分というトランス状態という具合で、かえって上手く博打が打てそうな状態となっており、ここで何度も繰り返しているため説得力はゼロであるが、「成功への道」を登ることに再チャレンジしてみたい。

スポンサーリンク

競輪のモーニング

最近は、おおむね8時30出走、8時25分投票締め切り(WINTICKET、みんなの競艇)というのが、競輪のモーニングの第一レースである。資金は500円。いわゆる使ってはいけないお金の「使える分」である。

久しぶりの投票は、そんな競輪のモーニングで場所は別府の1R、チャレンジのA級予選で6車立てという分かりやすいレース。

競輪(先に行っておくが、私はあまり詳しくない)は、そもそも3車による3つのラインの勝負という9車立てが基本であり、確かに見ていて面白いのは9車立てだが、車券となると話は別で、特に本命派の私にとっては、チャレンジの7車立て、なんやったら6車、5車というレースが好みである。というか、それでないと当たらない。

スポンサーリンク

頑張れ中年

6車の並びは 316 52 4 で3車の厚みもあってか31から売れている。3連単の人気は315 312で、オッズはともに5倍少し。316のラインの3番手はついてこれないと思われているようで、316のオッズは25倍もついている。

確かに6番車は63点台というなかなかお目にかかれない低い点数で、最近の成績も24戦して3着以内は一度もない。やはり56歳という年齢から、選手生活を終える少し前といった感じの落ち目の選手なのだろう。

競輪は詳しくないので私は知らないが、「和田誠吾」という選手で、念のため wikipedia で調べてみたが、wikipedia には載っていなかった。昔は強かったのだろうか。

スポンサーリンク

惜しい4着

同じ世代(4つ違い)の私は、老いた自分の姿と重なる和田選手には、頑張ってほしい、せめて3番手を死守して欲しいと願った。3着とはいえ、オリンピックなら銅メダルだし、車券の対象にもなるのだ。

ちなみに、買った車券は315 312 352の3点。

結果は315と幸先良しだが、実は6番が粘って316になりそうなところだった。和田選手の頑張りには敬意を表するほかない。車券も当たったし。ただ、惜しい4着のような「ちょっと足りない」結果に自分もなりそうで、少し不安になったことは言うまでもない。

スポンサーリンク

明日のために

このレースで、少ないながらも資金はできた。「使えないお金」から借りた500円を返し、残った資金だ。金額はたったの500円だが、この500円を1万円にし、100万円にし、1億円にする予定である。

方法は、常々私の言っている資金を1~10%ずつ増やしていくという方法である。今日の500円を明日には550円(10%の場合)にして、あさっては605円にする。これで1年もすれば500円は1億円になる。

さて、そしてもう一つ、これも前々からできていないのであるが、このブログに何かしら書き込む事。全ては輝く明日のためだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました