馬券がうまくなるヒント その1「回収率」

馬券がうまくなるヒント
スポンサーリンク

馬券に重要なのは回収率

馬券で重要なのは的中率ではなく、回収率である。回収率とは、購入金額に対する払戻金額の割合であり、次の式で求めることができる。

回収率=払戻金額÷購入金額

例えば、1,000円買って1,200円の払戻があれば回収率は120%となる。この回収率が100%を超えると勝っていて、100%を割っていると負けているということになり、馬券を買うものは皆この回収率100%超えを求めて頑張っている訳だ。

この回収率100%を達成するのは、実はかなり難しい。何と言っても中央競馬の払戻率(100%ー控除率)は最も高い単勝・複勝でも80%であり、三連単などは72.5%しかないからだ。

よって、胴元のいない一対一の賭けなら、勝敗が五分五分の場合、どちらも勝ち負け無しとなるが、胴元に幾らか控除されている場合は、勝ち負けが五分五分なら徐々に控除されている分だけ客は負けていく。

スポンサーリンク

回収率100%超えは可能か?

では、回収率100%を超えるのは不可能かというと、もちろん難しいのではあるが、不可能ではない。例えば極端な例では絶対に勝てるレースというのもある。

それはオッズの偏りによるもので、例えば単勝だけが極端に売れている馬がいたら、その馬以外の単勝と、その馬を1着とした馬単を全て買ったとき、どちらかが必ず当たる事になるが、その時、どの買い目で当たってもプラスになるというレースが存在する。(もちろん、そうそうある訳ではない。)

他にも、一定の期間、一定の買い方をして回収率が100%を超える買い方はいくらでもある。それは、ある騎手と人気であったり、ある種牡馬とコースであったり、色々な組み合わせがある。

スポンサーリンク

合成オッズで回収率アップ

次に考慮しなくてはいけないのが、いわゆる合成オッズである。馬単100円を20点買い(2,000円購入)万馬券が当たって10,000円の払戻なら回収率は500%となるが、これは2,000円で5倍の単勝を当てるのと同じことになる。

先の例は、20点買った馬単のうち当たったのが10,000円の配当であった場合であり、実際はトリガミであったり、20,000円となる場合もある。これを平均化して期待値を計算したものが合成オッズであり、損得の大きな指標となる。

例えば単勝3倍の馬の場合で、馬単の合成オッズが4倍なら馬単を買うべきであり、馬単の合成オッズが2倍なら単勝を買うべきである。実際には紐が人気馬か人気薄であるかで配当は変わるが、長い目で見れば合成オッズの値に近づくのだ。

先程の例にもあるように、オッズには偏りがあるため、合成オッズを利用してよりオッズの高い方=回収率の高い方を買うことで回収率は高くなる。

少し話があちこち飛んでしまったので、最後にまとめを。

スポンサーリンク

まとめ

・競馬は的中率ではなく回収率が重要
・回収率100%超えは難しいが可能
・回収率が100%を超える買い方のできるレースがある
・回収率100%を超える買い方の組み合わせ(ある騎手の2番人気とか、ある種牡馬のあるコースなど)がある
・回収率を高める方法として、合成オッズとの比較という方法がある。

馬券がうまくなるヒント その10「合成オッズ」
お得なオッズとは 今回は予想ではなく、純粋に馬券の買い方による損得について考えてみる。代表的なのは馬連が発売された当初にはよく言われた「馬連より枠連の方がオッズが高い」という事例で、単にその情報を見てオッズの高い方を買うという簡単な方法で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました