馬券がうまくなるヒント その3「本命か穴か」

馬券がうまくなるヒント
スポンサーリンク

本命派と穴派

馬券を買う者は大きく分けて本命派と穴派に分かれるが、どっちが勝てる確率が高いのだろうか。昔の馬券生活者のイメージは、堅い馬券にドカンである。競艇でも同じように何ヶ月かに1回だけ、これは間違いないというレースに百万単位で賭けてそれだけで暮らしている人がいるという話がある。

一方、巷間を賑わしたいわゆる「ハズレ馬券経費裁判」の人たちは、それぞれ自動購入のケースと、その都度自分で購入しているケースのようだが、どちらも穴馬からの多点買いのようである。

となると、本命狙い、穴狙いどちらも勝てるという結論になるが本当にそうなのだろうか。雑誌やネットでも「本命でないと勝てない」「穴狙いでないと勝てない」両方の意見があるから質(たち)が悪い。

スポンサーリンク

やはり穴狙いか優勢?

ただし、ザッと目を通した感じは「穴狙いでないと勝てない」派の方が優勢であり、実は私もそう思っている。何故か?その理由は簡単である。「本命派の私が勝ってないから」である。

では、それが分かっていながら、なぜ穴派にならないか。これは自分の弱さからきているもので、やはり的中率が下がってしまうからであり、なかなか人気馬は切れないからだ。しかも質の悪いことに「よりによって、それでも勇気を振り絞って切った人気馬が来てしまう」という結果にもなってしまっている。

また「穴狙い」が優勢なのは他にも理由がある。人気馬、人気の買い目は「売れる」からだ。馬券購入者の多数は本命派(これは馬券購入者の目的が当てることにあるわけだから、自然とそうなる)であり、人気馬は新聞の印、オッズなどで本来の人気よりより人気がでているのは明らかで(株なども同じこと)あり、そうなると期待値・回収率とも悪くなるのは当然である。

スポンサーリンク

「自分に合っているほう」を選ぶべき

やはり「穴派」でないと勝てないという結論になりそうだが「本命派」でも勝っている人はいる(はず)なので、自分に合った方を選ぶべきであろう。

ただし「自分に合った」というのは、自分の考えに近いとかしっくりきて好ましいのではなく「自分が選択した場合に勝てる可能性が高い方」をもって、「自分に合った」ものとすべきである。

私なんかは強い馬が強い勝ち方をするのが好きなので(なのに、何故か阪神ファン。弱い頃からの。)どうしても本命派になってしまうのだが、それでこれだけ負けているのだから「本命派」には合ってない。

ただ「穴派」に鞍替えするなら、今までとの買い方をかなり変える必要があるが、これが難しい。もちろん検討方法や買い目の決め方も変えなくてはいけないのだが、なんといっても資金の投入方法や買うべきレースの選び方、絞り方を変えなくてはいけない。

結局、「本命派」「穴派」どちらが勝てるかという問題ではなく、「今、自分がどちらなのか」そして「そてれで結果はどうなのか」を分析し、そのまま続けた上で改良するか、鞍替えするならどうやって変えるかということになりそうだ。

ちなみに私は阪神ファンなので、野球に関しては「穴派」となる。

スポンサーリンク

まとめ

・ 本命派でも穴派でも勝つことはできる(はず)
・ ネット等では、「勝てるのは穴派」が優勢
・ 本命は実体以上にオッズは下がる傾向
・ 自分にあったものを選ぶより、自分の買い方との相性がよい(勝てる)買い方にすべき

404 NOT FOUND | 振り向くな、後ろには夢がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました