競馬ラボのΩ(オメガ)指数をどう使うか?

オメガ指数
スポンサーリンク

Ω(オメガ指数)とスピード指数

前回、競馬ラボのΩ(オメガ)指数を買い目の決定に利用しようと考え、レースに当てはめてみたが、どうもうまくいかない。

競馬ラボの「オメガ指数」で馬券が当たる
競馬ラボのオメガ指数 競馬を長くやっているうちに、予想と馬券は別のものという考えに至った。確かに予想は大事だし、それこそが馬券の楽しみであることは否定しない。 しかし、競馬を長くやればやるほど、自分が時間をかけて予想した結果が、...

こういう指数を使うのは、隠れた穴馬を探すためのものであり、簡単に言えば「指数が高いのにオッズの低い馬」の洗い出しである。これは予想の3大革命と言われる(私が言ってるだけか?)「展開」「スピード指数」「タカモト方式」のうち「スピード指数」の考え方である。

「スピード指数」とは、アメリカでは1970年代、日本では1990年にようやく日本語訳版が出版された、スピード指数の元祖である、アンドリュー・ベイヤー著の名著「勝馬を探せ!!」で提唱された、走破タイムを数値化したもので、当時は画期的な予想方法とされ、馬券術としても相当な効果があったようである。

しかし、現在はかなり一般化され、新聞やアチコチのサイトなどで、出馬表にも記載されるなどしており、誰にでも見える使える要素となった分、その活用はかえって難しくなっている。

競馬ラボのΩ(オメガ)指数も細かい点では違いはあっても、結局は他の指数と大きな変わりはなく、また総合的な指数である分、おおよそのところ指数が高いと人気も高い。

本来であれば、指数が高いのに人気がない馬を洗い出したいところだが、例えば指数が最上位なのに人気がない馬を見ると、長期休養明けであったり、明らかに調子が悪いなど、結局はオッズが正しいという事になってしまっている。

また、いくつかレースを見てみたが「指数が高いのに人気がない馬」は、やはり馬券に絡んでいないし、極端なケースでは先日の単勝2万円という大荒れのレースで、勝った馬の指数を見てみたら、ダントツの最下位だった。

スポンサーリンク

Ω指数の有効な使い方

こうなると、Ω(オメガ)指数は穴馬探しとかヒモ選びには使えないということになる。では、全く意味がないかというと、そうではなく、使い方を変えれば有用になると思われる。

ひとつの候補は「選んだ軸馬の確実性を担保する」もので、もうひとつは「人気馬の不確実性を確認する」という使い方である。いってみれば、当初考えた使い方の逆ということ。

例えば、先日のマーチステークス、単勝2倍と圧倒的1番人気であったハイランドピークが9着に破れたが、Ω(オメガ)指数はどうだったか。なんと100点(満点?)である。では、人気馬の確実性を確認するためにも使えないかというと、そうではない。

勝った2番人気のセンチュリオン(単勝6.1倍)の指数は98で、3番人気のアルタイル(4着)が96だったので、100点といってもダントツではなく、単勝2倍というのは過剰人気だったと判断できる。

となると、単純な点数ではなく他馬との比較において、人気馬の取捨選択のためにΩ(オメガ)指数を使うのが良さそうだ。

競馬ラボのΩ(オメガ)指数をどう使うか?その2
データは使い方次第 「競馬は記憶のゲームである」などと昔は言われ、「前走は最後の直線で不利があった」とか「この馬の兄弟はバチャバチャの不良馬場で圧勝した」などという自分だけ記憶のデータが美味しい馬券に繋がっていた。 しかし、今はそん...

コメント

タイトルとURLをコピーしました