競馬に勝つためには、やはり1点買いなのか。

まだ予想で消耗してるの?

最後に行き着くのは、というか行き着きたいのは、単勝1点買い(または複勝1点か、単複1点)であるが、私はまだその域にない。と思っていたが、やはり、今こそ1点買いをするべきなのだろうか。

何故か。まずは今の買い方で勝ててないこと。なお、現在私は決まったり買い方はなく、格好よく言えば臨機応変、実態は優柔不断といところで、3連系を買ったり、あんまりに当たらないからといって複勝を買ってさらに外すということを繰り返している。

これを解消するための1点買いというのもあるし、よく言われるように、当たり以外の馬券は全て無駄というところに行き着くこともある。

今日も実は負けてしまったのだが、ちょっと試しに1点買いだった場合を調べてみよう。お試しなので、ここは予想ではなく、単に例えば2番人気の馬の単勝を買ったとしよう。

例えば、私が負けた今日の南関東、船橋競馬の2番人気を12レース各1,000円、合計12,000円買ったとしよう。さて、どうなるか。

勝ったのは12レース中の4レース、払戻は、15,500円であった。純益は3,500円、回収率は129%というから、凄い。少なくとも、自分で買うよりいい。

ん~少し、そそられる。1点買いもそうだし、こういう買い方も。これは研究の余地ありとする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました