馬券がうまくなるヒント その38「予想の方法」

馬券がうまくなるヒント
スポンサーリンク

予想の方法は様々

百人いれば百通りの予想があると言われるくらい、競馬の予想には人それぞれのやり方があり、癖がある。そもそも、予想に使用される(使用できる)要素が多すぎる。

実績、距離、斤量、騎手、血統、コース、馬場状態、タイム、枠順、前走、調教など、思いついただけでも相当な量だ。そして、予想する際に重視するポイントも人によって様々である。

また、予想する際にはそれらの要素を単一で予想する人は少なく、実績や前走などについては、どの予想方法がメインであっても、それを予想に加味しないという事はまずない。例えば、いくら血統が良くても、初戦から負け通しの馬であれば特別な事情(明らかな雨血統で初めての雨など)がない限り、血統だけで本命とはできないからだ。

スポンサーリンク

予想方法を変えてみる

予想の方法はひとそれぞれであるが、「正解」というものはなく、正解があるとすればそれは「当たっている予想」があれば、それが正解というほかない。しかし、日によって自分の予想がハマる日と、そうでないがある。もちろん、私のように「そうでない日」がほとんどという場合もあるが、それはひとまず置いておこう。

そこで、予想が当たらない、うまくハマらない日は、予想方法を変えてみるのが一つの手である。例えば、「調教重視の者は調教を見ない」とか、「前走重視なら、敢えて前走を見ない」など。

これには、流れを変えるという直接的な意味と、自分の予想方法を見直すという意味で有効である。例えば私は「出走する以上、ども馬もデキているはず」という考えのため、調教は基本的に見ない派なのであるが、敢えて調教だけの予想から買ってみるのだ。そのことで悪い流れが変わる可能性があるし(あくまで、可能性)調教というファクターの有効性が確認できる。

スポンサーリンク

予断を排除する

競馬新聞を見て予想する場合は、どうしても記者の予想印が目につき、予断が入ってしまう。ズラリと二重丸が並んでいれば、誰だって買わずにはいられない。次にオッズ。これも同じ事で、最初にオッズを見てしまうと、出馬表を見る前にその時点で馬の格付けをしてしまうことになる。

そしてもう一つが騎手である。出馬表を見ると自然に騎手名が目に入ってしまい、しかも最近は外人が多い上に有力馬に乗って勝ちまくっているため、その「カタカナ」の騎手が乗っている馬が自然と(本命・対抗)になってしまう。

これらの予断を排除するため、少し難しいが予想印・オッズ・騎手を見ないようにして予想する方法がかなりオススメである。但し、予想した後、騎手だけは見ておいた方が良い。そして、「不安な騎手が乗っている場合にだけ、その馬を切る」のが良い。逆に。見直した上で「追加で印をつける。馬券を買う」のは無駄なので、そちらはやってはいけない。

スポンサーリンク

その他の工夫

これは何かの記事で見たのであるが、普通、出馬表を見る時は1番枠又は人気馬から順に見ていくが、それを逆にするという方法。これは私もやってみたが、確かに今までと違った見方になる。

特に、人気薄から順に見た場合、おそらく検討にさえ入れないであろう馬の成績を見ることで、色々と見えてくるものがあり、人気薄を拾ったり人気馬を消したりといった事ができる。

最後に、これは既に予想の域を逸脱しているが、あまりにも調子が悪いと場合は、出馬表を見る前に「5枠の馬から買う」とか「1番人気、2番人気は買わない」と先に決めてしまうのも、固定観念を取り払う意味もありオススメする。ただ、本当は「しばらく馬券は買わずにレース見学」が正解だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました